Category: 未分類

新品トナーとの違い

リサイクルトナーも新品トナーもミクロ色粒子を使用していますから基本的に使い方の違いが生じるわけではありませんが、カートリッジを再利用して再販するという意味でリユースの分野に組み込まれています。リユースはそのまま再使用という意味で使われています。カートリッジの分の経費が節約できている分だけかなり格安で購入できますから、そこは消費者にとってのメリットです。

ただし繰り返し使用するには限界がありトラブルや不具合も起きやすくなりますが、現在使っているカートリッジが何回使用されたかを消費者はもちろん把握はできませんから、若干のリスクがある事を意識して使用する必要はあるでしょう。使用限界を超えたものは資源として再利用されます。様々な場所でトナーカートリッジを無料回収してくれるボックスを見かけるようになった事も家庭ゴミを減らす元となりますから、歓迎すべき事です。

リサイクルトナーが“ものを使い捨てにしないエコ”への概念を高める働きを高めたという意味では、多少のトラブルがあったにせよ高く評価しても良いのではないでしょうか。消費者自身が詰め替えをするトナーも市販されていますが、2~3回程度で使用期限が来る事を注意書きでは明記されています。


リサイクルトナーって

トナーはレーザープリンターおよび複写機専用に使用されたインク素材の一種であり、インクジェットプリンターのインクに相当するものです。インクジェットでは液体インクが使用されていますが、レーザープリンター用は粒子です。レーザーの熱によって色を用紙に焼き付ける形で印刷していきます。絵はがき作成や画像印刷に関心がある人におすすめというのは、発色がとても良いところによります。

シアン、マゼンタ、黄色、黒などが大元の色になりますが6色というのも増えてきました。ただし純正インクもしくは凡庸と言われる新品は少々値が張る故に、安価なリサイクルトナーに人気が高まっている事に加えて、多くのメーカーが幅広くプリンターに対応できるように豊富な品揃えを準備してくれていますから、消費者にとってはわざわざ高額なプリンターメーカーから購入するよりも、インクメーカーから購入する方により高いメリットを感じてしまうのは無理のないところです。

機器メーカーでもこうしたリサイクルトナーへの高いニーズにようやく気づいて、やはりリサイクルトナーを市販するようになってきていますが、インクジェットプリンターで課題となっている改良点はトナーでも変わりありませんから、使い方に注意してください。


トナーを再生してエコ

今回はリサイクルトナーに関してのお話です。リサイクルトナーは別名再生トナーとも呼ばれるように新品ではなく、一度使い切ったトナーカートリッジを様々な形で回収してから、中身をしっかり洗浄した後にインクを入れ替えて再販するというものですから、現代にふさわしくエコなイメージを受けて大変喜ばしい活動と思えます。企業にとってはトナー製造のコスト削減および手間省略になりますから大変メリットが高いですし、その分安くしてもらえるなら消費者にとってもメリットが大きい事になります。

さらに安くしたいなら詰め替え用インクを購入すれば良いのです。詰め替え用インクは100円市でも購入できます。近年どの家庭でもレーザープリンター程度なら最低一台は置いている環境が当たり前になってきており、印刷屋に依頼しなくてもちょっとした絵はがき程度なら意外と良質なものを自分で作成できます。もちろんプロの印刷屋の足元にも及ばないレベルですが、作る楽しみと喜ばれるうれしさは何物にも代え難いものがあります。

出来る限り経費をかけないで楽しんで作成できるために、良質なインクカートリッジを欲しいところですがけして安くはないゆえに、手頃なリサイクルトナーに人気が集まるのは自然の流れです。しかしながらいくらエコで安価で手頃とは言っても、カートリッジをいつまでも使い回していればどこかでガタが来るはずですし、コピー機への悪影響はないのか気になります。実際説明書にも注意がいくつも明記されています。